代表紹介

代表取締役 永田洋子

nagataprf

株式会社PLUS-Y 代表取締役
女性専用シェアサロン「みずいろ会館」オーナー
マーケティング・コンサルタント

1970年、長野県生まれ。 高校卒業後、米国留学を経て雑貨メーカーの直営店舗スタッフとして入社。売上昨年対比200%など実績を重ね、最年少で幹部社員に登用されるが、経営に対する知識不足を感じて退職。その後、立命館大学に社会人入学。会計事務所で働きながら大学・大学院に通い、経営学修士(MBA)を取得。 大学院修了後にマーケティング専門のコンサルティング会社に勤めるが、親の病気をきっかけに専業主婦に。その時に地域の商店街が次々とシャッターを下ろしていく様子を見て「お財布の紐を握っている女性の声を取り入れていないことが原因では?」と考え、「女性の声を企業に届けて地域活性につなげたい」と2008年に女性マーケティングのコンサルティング会社 株式会社PLUS-Yを設立。女性視点による販売促進や商品開発支援、イベント企画などを地域密着型で実施し、翌年、千葉市コミュニティビジネスのモデルプランとして認定される。
2012年より女性の起業サポート事業をスタート。自身の起業の経験とマーケティングの知識・スキルを組み合わせた女性向けの起業セミナーの開催や講演、コンサルティングなどを多数実施。2013年度、2014年度に千葉市の起業家支援施設「千葉市ビジネス支援センター中央分館(通称:CHIBA-LABO)」の運営を受託。施設の立ち上げに携わる。2014年には女性起業家向けのレンタルスペース・シェアサロン「みずいろ会館」をオープン。女性の起業イベント「CHIBA女性起業フェスタ2014」では実行委員長を務める。2015年より千葉県の「ちば起業家応援事業 INNOVATIVE HIVE」に携わり、起業家のサポートを多面的に実施。2016年には起業支援の活動が認められ、内閣府 男女共同参画局の女性のチャレンジ支援賞を受賞。

 

ページ上部へ戻る